スマホのカメラで心拍と呼吸数を計測。3月からPixel向けに提供開始

寝ている状態でも計測可能になってほしい

Googleが日々の健康管理に役立つ機能として、ヘルスケアアプリGoogle Fitで心拍数と呼吸数の計測に対応すると発表しました。

心拍数については、多くのスマートウォッチやフィットネストラッカーで簡単に取得できますが、Google Fitアプリを使うことで、スマートフォン単体でも測定可能になります。方法は、背面カメラに指を置くだけ。昔からある方法ではあります。

呼吸数の測定については、これまでモバイルデバイスで簡単に計測する方法はありませんでしたが、Google Fitではこちらもカメラを使用します。スマートフォンのフロントカメラに頭と胸部が映るようにセットし、いつも通りに呼吸をすれば呼吸数を計測してくれます。

カメラの正面で呼吸しなければいけないので、残念ながら、睡眠時無呼吸を検出できるようなものではありませんが、呼吸が浅い・深い位のことは自覚できるようになるかもしれません。

なお計測データは医学的診断や病状の評価を目的としたものではないとのこと。それでも、日々データを計測・蓄積することで、体調の変化の傾向などを掴むことは出来そうです。

これらの機能は3月からPixel向けにリリースされ、その後、多くのAndroidデバイスに展開されるとのことです。

Source: Google

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。