12.5インチのミドルクラスSurfaceが10月に出るとの噂

もう一回り小さくはならないだろうか

小型のSurfaceといえば、Surface Go 2がありますが、タイプカバーは打ちにくく、Windows自体がタブレットモードで使いやすいとも言えないのが難点。それを解消するためではないのでしょうが、Microsoftがクラムシェル型の小型Surface、コードネームSprtiに取り組んでいるとの情報が出てきています。

Windows Centralによると、Sprtiは12.5インチディスプレイのラップトップ。Surface Laptop Goといったイメージで、下位モデルでは第10世代Core i5プロセッサにRAM 4GB、64GBのストレージになるとのこと。価格は500ドルから600ドルで、手軽なSurface Laptopとして、主に学生をターゲットとしているようです。

すでに13インチのSurface Laptopがある中で、12.5インチは微妙な気もしますが、モバイルではなく学生がターゲットなら、この辺りが手頃なのかもしれません。

10月にも発表されるとの情報もあり、楽しみにしておきたいところです。

source: Windows Central

カテゴリ:モバイル