Xiaomiのフィットネスバンド「Mi Band 3」レビュー

手軽に始めたい人にはいいかも

Xiaomiが6月、Mi8とともに発表した新フィットネスバンド、Mi Band 3をGearBestからレビュー用に提供頂きました。

同封物はシリコンバンドのほか、専用の充電ケーブル。

コア。かなり小さいです。それでもディスプレイが前モデルよりも大型化し0.78インチに。

このサイズでも、背面には心拍モニタを搭載しています。ただ、SpO2の測定には非対応です。

充電はこんな感じにケーブル一体型のアダプタに差し込みます。このケーブルを無くすと充電できなくなるので要注意。

▲もちろん、充電時には根元までしかっり差し込みます

非常に軽い(シリコンバンド込みで実測20g)ので、着けているのを忘れられるのが大きなメリット。5気圧防水なので、お風呂や水泳時でも使用可能です。

実際に身に着けてみると下記のような感じ。「時計、アクティビティ、心拍数、天気、通知、その他」を画面の上下スワイプで切り替え可能。アクティビティは「歩数、距離、消費カロリー」のサブ項目がありますが、その場合は左右スワイプで表示を切り替えます。天気、通知、その他(ストップウォッチなど)も同様です。

この表示からわかるかもしれませんが、基本的に表示は中国語。といっても曜日が中国語(上記の周六は土曜日のこと)になるのと、天気の表記が「今天(今日)」「明天(明日)」「后天(明後日)」になるくらいなので、とくに困ることはないと思います。

なお、中国語表示ですが、通知はちゃんと日本語が表示されます。

スマホ側のコンパニオンアプリは「Mi Fit」。App Store、Playストアからそれぞれダウンロード可能です。

Mi Fit
Mi Fit
開発元:Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

アプリ上はすべて日本語対応しています。計測データを確認したい場合は、アプリ上で見たほうが分かりやすいかもしれません。

ちなみに、リアルタイムで同期しているわけではなく、アプリを立ち上げたときにデバイスを同期しているようです。

歩数、距離、消費カロリーに加え心拍数も計測可能。5気圧防水も備え、睡眠ログも取得できます。それでいて約3300円はかなりお得感があります。

手軽にアクティビティトラッカを始めたいという人には、ちょうどいいかもしれません。

back to top