Xiaomiが日本で発売する製品をお披露目。1億万画素スマホや炊飯器も

Mi Watchもくるかと思っていたのだけど、ありませんでした。

Xiaomi(小米)は12月9日、都内で日本参入の記者発表を行い、最初に発売する5種7製品を明らかにしました。

ひとまず、7製品と発売日は下記。

製品価格発売日
Mi Note 105万2800円12月13日
Mi Note 10 Pro6万4800円12月23日
Mi Band 43490円12月23日
Mi Powerbank 31899円年内予定
Mi IH 炊飯器9999円年内予定
Xiaomi メタルキャリーオンスーツケース1万7900円年内予定
Xiaomi スーツケース クラシック7990円年内予定

Mi Note 10は1億800万画素を含む5眼カメラが特徴のスマートフォン。無印とProの違いは、無印が6GB+128GBでProが8GB+256GB。これに加えて、Proのほうは1億800万画素のレンズが8P(無印は7P)となり、より鮮明な画像を得られます。

他の仕様は共通で、6.47インチ(2340×1080)のAMOLEDで指紋センサはディスプレイ内蔵。バッテリーは大容量の5260mAh。

これだけ見ると、かなりお手頃感がありますが、1点だけ注意点としては、実はハイエンドモデルではなく、Snapdragon 730Gを搭載するハイミドル端末です。

Snapdragon 855を搭載しるLG G8X ThinQが5万円台で購入できることを考えると、なかなかに悩ましい価格設定かもしれません。

Mi Band 4は、バッテリー持ちが最長20日というお馴染みのフィットネスバンドです。

Mi Powerbank 3は1万mAhのモバイルバッテリー。2ポート同時出力ができ、合計で18Wの高速充電に対応しています。

そして炊飯器。容量3Lというのがどれくらいかよくわからなかったのですが、5合焚きのようです。

オリジナルの炊飯器には、お米のバーコードを読み取って焚き加減を自動調整する機能(アプリ)がありましたが、日本版ではそこまでは出来ない様子。ただ、アプリから焚き加減の調整は行えるようです。

最後にスーツケース。これは純粋にスーツケースで、アプリからどうこうといった機能はありません。

発表会の席上では、今後もいろいろな製品をリリース予定とのことだったので、日本での売り上げが順調なら、他のスマートフォンやIT家電の投入が期待できそうです。

(source Xiaomi)

カテゴリ:モバイル