カテゴリ:News

Windows Subsystem for Android(WSA)がAndroid 13にアップデート。パフォーマンスが改善

しかしアプリが増えない

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

Microsoftが、Windows 11のWindows Subsystem for Android(WSA)のAndroid 13アップデート(2211)をPreview Programのメンバー向けに展開しています。なお、Windows Subsystem for Android Preview ProgramはWindows Insiderとは別に登録が必要です。

実際には2週間ほど前から展開しているようですが、Insider ProgramではDev/Betaチャネルで展開されているWSA 2210の一般リリース準備をしているため、InsiderではなくPreview Programのみでの展開にしているとのことです。

そんなAndroid 13になったWSA 2211の更新内容は下記。

  • Android 13 に更新された
  • 自動化のために WSA をシャットダウンする新しいコマンド(wsaclient.exe /shutdown)を追加
  • 起動パフォーマンスを50%向上
  • マウスクリック入力の改善
  • クリップボードの安定性の向上
  • アプリケーションのサイズ変更の改善
  • Android 13 向け Intel ブリッジ テクノロジーにアップグレード
  • Windows で開くメディア ファイルの信頼性の向上
  • アプリのショートカットをサポートするアプリケーションのジャンプリスト エントリ

Android 13へのアップデートは歓迎したいところではありますが、どちらかというとAmazonアプリストアのほうをテコ入れしないと普及は難しいのではないかとも思ってしまっています。

Source: GitHub via Neowin