カテゴリ:News

Windows 22H2環境でファイルコピーのパフォーマンスが低下する不具合

40%スループットが低下するようです

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

Microsoftは10月3日(現地時間)、Windows 11 2022 Update(22H2)環境のPCに大きなファイルをコピーする際、パフォーマンスが低下するという不具合が発生していると発表しました。数GBのファイルをSMBでコピーする場合、40%もスループットが低下することがあるとのことです。同じファイルを22H2以外のPCにコピーする場合にはこの問題は発生せず、22H2固有の問題のようです。

なお、問題はSMBのコードにあるわけではないようで、修正予定日はまだ示せないとのこと。SMBを使用していないローカルファイルのコピーでも、同様の問題が発生する可能性があるとしています。

一応の回避策としては、robocopyやxcopyコマンドで「/J (unbuffered IO)」を付けることが提案されています。

robocopy \\someserver\someshare c:\somefolder somefile.ned /J

Source: Microsoft