Windows版1Passwordがアップデート。どこからでも呼び出せるクイックアクセスが追加

もう少しアイテム整理がしやすくなると、なおうれしい

パスワードマネージャー1PasswordのWindows版がアップデートし、Windows 11になじむモダンデザインとなりました。1Password 8と呼ばれるアップデート後のバージョンは、8.4.0-54。もちろん、Windows 11だけではなく、Windows 10でも利用できます。

この新バージョン、デザインが変わっただけではなく、いくつかの新機能が追加されています。中でも個人的にとても便利に感じているのが検索機能です。1Password 8は通知エリアに常駐できるようになっているのですが、「Ctrl + Shift + Space」で、どこからでも1Password内のアイテムを検索可能となりました。

アプリを離れることなくパスワードを検索できるので、使い勝手はとてもいいです。もちろん、開いているアプリを検出して、パスワードの提案も行ってくれます。

また、Watchtower Dashboardにより、脆弱なパスワードがどれくらい使われているかなどが視覚的に把握できるようになりました。

また、地味なところでは、NotesにMarkdown構文が利用可能となっています。

個人的にはなくてはならないサービスだけに、少しずつでもアップデートしてくれるのはうれしいところです。

Source: 1Password