Windows 11のCPU要件が緩和。ISOからなら要件関係なくインストール可能?

結局、古いPCにはインストールしないのが良さそう?

Microsoftは8月27日(現地時間)、Windows 11がインストール可能なシステム最小構成に関し、若干の修正を加えました。RAM4GB以上、ストレージ64GB以上、UEFI、TPM2.0、DirectX12以降と互換のあるGPUといった部分に変更はありませんが、CPUに関して新たにIntel Core Xシリーズ、Xeon Wシリーズ、Core 7820HQが追加されています。

最初に発表された際には、Intel Coreプロセッサでは第8世代以降が対象でしたが、その後、第7世代のサポートも追加。Insiderでのテスト結果に基づき、今回の追加を行うとのことです。

なお、The Vergeによると、このプロセッサ制限はWindows Update経由でアップデートを行う場合のみで、ISOファイルからインストール(素の状態から初期セットアップ)を行い場合には、CPUに関係なくインストールはできるとこと。ただし、要件を満たさないデバイスの場合には、Windows Updateによる更新が行えないかもしれないとしています。

また、Microsoftによると、Insiderによるテストにおいてシステム要件を満たさないデバイスへのインストールでは、カーネルモードのクラッシュが52%多かったとのこと。

このほか、提供が中断されていたPC正常性チェックアプリの提供が再開されています。使っているPCが、Windows 11へのアップデートが可能かどうかを確認できるアプリですが、あらたに項目毎に要件を満たしているかどうかを確認可能となっています。

Source: Microsoft, The Verge

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。