Windows 11は10月5日から提供開始

プレビュー版を使っているけど、いまのところ不具合らしきものは出ていないです

Microsoftは8月31日(現地時間)、Windows 11を10月5日にリリースすると発表しました。この日から無料アップグレード対象のWindows 10に展開が始まるとのことです。

Windows 10からのアップグレードは無料。ただ、品質に重点を置くため、段階的に展開するとのことで、対象となるすべてのPCに提供されるのは、2022年半ばまでかかるとしています。いつもの大型アップデートと同様に、アップデートの準備ができたら通知が表示されます。

なお、Windows 11といえば、Microsoft StoreからAndroidアプリが導入可能になる予定ですが、これは10月5日にはリリースされず、もう少し先になるようです。リリース文の中では、今後数か月かけてInsiderでテストをするようなので、一般提供は早くても来年に持ち越しとなりそうです。

Source: Microsoft

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。