Windows 10 Mobileは2019年12月10日にサポート終了。MicrosoftはAndroidやiOSへの移行を推奨

むしろ、まだサポートされてたのか……

Microsoftがサポートページを更新し、Windows 10 Mobileの最新版であるVersion 1709のサポート期限が2019年12月10日に終了すると明言しました。12月10日以降、セキュリティアップデートを含む一切のアップデートは提供されないとのことです。

最新版のVersion 1709がリリースされたのは2017年10月ですが、同じ10月にはWindows 10 Mobileの新規開発は行わないとの話も出ていました。 リリースから2年で終了することになり、この話が事実だったことがわかります。

なお、Version 1709は12月10日までサポートされますが、 Lumia 640や640 Xなどはそこまでアップデートされておらず、Version 1703で止まっています。これについては6月11日にサポートが終了するとのこと。

サポート終了後もWindows 10 Mobileを利用し続けることはできますが、セキュリティアップデートも行われないので好ましい状態ではないでしょう。ターゲット数が少なく、標的になりづらい可能性はありますが……。

この点について、MicrosoftはAndroidやiOSへの乗り換えを推奨しています。

Microsoftとしては、自社でモバイルOSを作るより、他社のプラットフォームで自社サービスを使えるようにしたほうが、メリットが大きいとの判断なのでしょう。 モバイル向けのEdgeブラウザやAndroid向けのMicrosoft Launcherのリリース、Windows 10とAndroidの連携など、ちゃくちゃくとその方向で進められているように感じます。

ただ、Surface Phoneや折り畳みデバイスAndromedaの噂などもあり、モバイルそのものを諦めたわけでもない様子。今後どうなっていくのか注目しておきたいところです。

(via The Verge)
(source Microsoft)

back to top