WF-1000XM4、2台目以降のペアリング方法

WF-1000XM3と同じです

Sonyの新型ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」は、最大8台とのマルチペアリングに対応しています。ただ、Androidでペアリングが簡単になるFast Pairを利用できるのは1台のみ。2台目以降のデバイスとのペアリング方法がわからない、WF-1000XM4をペアリングモードにするにはどうすればいいのかわからない、という人もいるかもしれません。ということで、WF-1000XM4のマルチペアリングの方法を簡単に紹介します。

といっても、難しいことはありません。購入直後のWF-1000XM4は、ケースから取り外せばペアリングモードになっているので問題はないと思います。2台目とペアリングする際は、WF-1000XM4を両耳に装着したまま、両方のユニットのタッチセンサーを約5秒間長押しします。すると、「Bluetooth、ペアリングモード」というアナウンスが流れてペアリングモードになります。

あとは接続側で、Bluetooth接続するのみ。パスキーが要求される場合は「0000」を入力します。同様の手順で最大8台登録でき、9台目をペアリングした際には、接続したのが古いものから上書きされていきます。

接続先を切り替えたい場合は、切替先のデバイスから接続すれば音楽を再生中であっても、新しいデバイスに繋がります。マルチポイントではないので「PCで音楽再生中にスマートフォンに着信があったら自動で切り替え…」ということはできません。残念。

なお、Fast Pairをやり直したい、あるいはイヤホンを初期化したいという場合には、充電ケースにセットした状態で左右のタッチセンサーにを10秒間押しっぱなしにします。

すると、ケースのLEDが赤色で点滅しだすので、点滅が始まったら指を離します。その後、緑のLEDが4回点滅すれば初期化完了です。赤色の点滅が始まった際、押しっぱなしにしていると初期化ができないので注意が必要です。