WF-1000XM3が故障。右側の電源が入らず、充電も不能?

紙の保証書とか、そろそろやめて欲しい・・・・・・

先日、GRAMASのWF-1000XM3ケースを紹介しましたが、実はWF-1000XM3自体を使ったのは久しぶり。で、その際に気がついたのですが右側ユニットの電源が入りません・・・・・・。

充電ケースにいれるとLEDは点灯するもの、フリッカーのようにちらちらと変な状態に。何時間おいておこうが消灯せず、取り出しても電源がはいりません。

リセット(ケースに入れた状態で片側を20秒長押し)と初期化(ケースに入れた状態で両方を10秒長押し)はなんとかできたのですが、今度はペアリングが行えません。右側の電源が入らないからだとは思いますが。

ということで、Sonyに修理依頼をおこなって、6月2日に引き取りに来てもらうのですが、保証書がありません・・・・・・。Sonyの修理規約では、保証期間内でも保証書がなければ有償修理になるとのこと。保証書なくした(そもそも取っておく気がなかった)私が悪いのですが、Sonyストアで購入しているのだし、この辺はオンラインで処理してくれないかなぁと思う次第です。

こういうところは、素直にAppleが進んでいるなと思いますね。

ともあれ、修理費用は1万1000円~1万4000円になるようです。今後もいろいろと使うだろうし、しょうが無いですね。発売1年以内なら保証書がなくても無償修理だったという話もあるので、その情報に期待したいところです。

皆さんは、くれぐれも保証書をなくさないように・・・・・・。

カテゴリ:雑記