WEB版Google Meetの背景分離が改善。一部エフェクトがクラウドで処理可能に

Googleは8月15日(現地時間)、WEB版Google Meetの背景効果がより正確になったと発表しました。背景と前景の分離が改善され、背景ぼかしや背景の置き換えなどが改善されたとのことです。

また、リアルタイムビデオエフェクトを行うにはマシンパワーが足りないユーザーのために、これらのエフェクトをクラウドで処理できるようになったとのこと。これにより、エフェクトの品質を維持しつつ、バッテリーを節約し、CPU使用率を最大30%削減できるとしています。なお、クラウドでの処理をサポートする最初の機能は背景ぼかしと光の調整で、その他の追加機能は将来的に追加予定とのことです。

ただし、クラウドベースの処理を利用できるのはGoogle Workspace Business Standard、Business Plus、Enterprise Standard、Enterprise Plus、Workspace Individualのユーザーのみ。

Essentials、Business Starter、Enterprise Essentials、Education Fundamentals、Education Plus、Frontline、Nonprofits、およびG Suite Basic、Business、個人のGoogleアカウントでは利用できません。

Source: Google

ガジェットなど好きなことをブログやWEBメディアなどに書いて生きています。ライター仕事は常に募集中

Dream Seedをフォローする
News
スポンサーリンク
Dream Seedをフォローする
タイトルとURLをコピーしました