Wear OSの新機能、スワイプで切り替える「タイル」が利用可能に

電池持ちの改善もぜひ……

5月に予告されていたWear OSのウィジェット対応「タイル」が利用可能になっています。サーバー側の設定のようでアプリのアップデートはなく、順次展開されているようです。

これまで、Wear OSでは左スワイプでGoogle Fitしか表示出来ませんでしたが、アップデートにより好きなタイルを配置可能となりました。もちろん、並べ替えなどにも対応。Galaxy Watchのインターフェースに近いイメージです。

といっても、現状では選べるものは少ないのですが。 ちなみに、配置できるタイルの上限は5個。

▲TicWatch Proで選べたのは8種類

なお、アプリ側からではなく、スマートウォッチ側でもタイルの長押しで追加や並べ替えが可能です。

今後、タイルは増えていくとのことなので、何かしら便利になっていくのかもしれません。

back to top