Wear OSのイースターエッグはドラムシーケンサー。でもスピーカーがないと楽しくない

スピーカー内蔵のWear OS端末、あまり多くはないから微妙なイースターエッグな気も

Googleのスマートウォッチ向けOS、Wear OSにイースターエッグが見つかりました。スマートウォッチでドラムシーケンサーを遊べるというもの。

出し方は簡単で、フラッシュライトアプリを起動し、ダブルタップした後に画面を押し続けるだけ。すると4x4のグリッドのシーケンサーが表示されます。カラフルなドットをタップすると、キックドラム、スネア、ベルなどに音色を変更可能。

ただし、音を聞くには当然ながらスピーカーが必要です。スピーカーを内蔵しているWear OS端末は多くありませんが、その場合にはBluetoothスピーカーを接続すれば大丈夫です。

これがいつから搭載されているのか、定かではありませんが、少なくともReddit上では4年前には見つけられており、かなり初期から搭載されていたものと考えられます。

なお、Androidにも各種イースターエッグが仕込まれています。

(source 9to5Google)