タグ・ホイヤー、Wear OS搭載の新スマートウォッチ「コネクテッド ブライト ブラック エディション」を発売

今回のデザインはかなり好み。買えないけど。

タグ・ホイヤーが、Wear OS搭載スマートウォッチの新モデル「コネクテッド ブライト ブラック エディション」を発表しました。

これまでのコネクテッドシリーズは、よくも悪くもゴツイ印象でしたが、 ブライト ブラックは、それらと比べると、やや落ち着いた印象です。ケースはチタン製でベゼルはセラミック。レザー製ストラップでバックルもチタン製になっています。

これまでのコネクテッドに提供されていたウォッチフェイスも、 ブライト ブラックにあわせたオリジナルのものが用意されるとのこと。

なお、ディスプレイは1.39インチ 454 x 454の有機EL。その他の仕様は具体的には明かされていませんが、Bluetoothが4.1とのことなので、SoCはこれまで通り、Wear 2100ではないかと考えられます。

気になる価格は30万2500円。公式サイトではすでに販売中です。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。