Wear OSのキーボードアプリがアップデート

スマートウォッチでキーボード入力は使わないなぁ

最近、Wear OSに力を入れる素振りを見せているGoogleですが、またアップデートを発表しました。といっても、キーボードですが。Wear OS向けに新しいGboardがリリースされ、スマートウォッチからのメッセージの返信などが簡単になるとのことです。

新しいキーボードでは、ジェスチャー入力や絵文字の入力、入力単語の予測表示などにも対応するとのこと。また、多言語入力にも対応しており、スペースバーの長押しで切り替え可能とのことです。

正直なところ、日本語入力の場合は変更はないのではとも思いますが、アップデートそのものは素直に歓迎したいところです。

そんなことよりWear OSそのもののアップデートを……と思わなくもないですが、それはGoogle I/Oに期待しておきます。

Source: Google

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。