VoLTE対応になった「NichePhone-S+」、予約販売を開始

本当にニッチですが、好きな人も多そうです

小さなカード型ケータイ「NichePhone-S」がVoLTEに対応。「NichePhone-S+」としてMakuakeで先行販売を開始しました。

初代のNichePhone-Sは3Gのみ対応でしたが、その後4G LTE対応したNichePhone-S 4Gが登場。ただし、これもLTEでデータ通信は出来るものの、VoLTEには非対応でした。しかし、NichePhone-S+はようやくVoLTEに対応し、通話面での不満も解消された形です。

とはいえ、基本的にはVoLTEに対応したのみで、仕様などはNichePhone-S 4Gのまま。型番自体もMOB-N18-01で変わっておらず、単にソフトを改修しただけでは……という気がしないこともありません。

サイズは90x50x9.5mmで重さは約52g。Android 6.0を搭載しますがアプリなどはインストールできず、基本的には通話とSMSがメインになります。ただICレコーダー機能、音楽再生機能は利用可能です。

また、WiFiテザリングに対応しており、PCやタブレットをNichePhoneに接続してデータ通信を行えます。コンパクトに持ち運べるWi-Fiルーターとしても重宝しそうです。バッテリー持ちの問題があるので、それほど長時間は使えませんが。

なお、今回は限定カラーとしてREDも用意されています。

価格は、早割で1万400円から。5月末までに配送の予定となっています。

Source: Makuake

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。