折りたたんで持ち運べるポータブル扇風機VENTY。首を伸ばして床置きでも利用可能【PR】

MAKUAKEのプロジェクトは6月15日まで

Makuakeで、6月15日まで先行販売実施中のポータブル扇風機「VENTY(ヴェンティ)」をレビュー用に提供いただきました。紹介するタイミング的に遅くなってしまいましたが、なかなか個性的な扇風機なので、この夏使えるポータブル扇風機を探していたという人は、ぜひチェックしてみてください。

ポータブル扇風機は、もはや夏の風物詩となっていますが、VENTYはポータブルとはいえ、ハンディタイプではなく机上あるいは床に設置して使うタイプです。

本体に16000mAhのバッテリーを内蔵しており、単独で約55時間稼働できます。また、USBポート(USB-A、USB-C)からスマートフォンなどの充電も可能。5V/2A出力なのでおまけ程度ですが、キャンプなどでは重宝するかもしれません。

本体は、首が上下というか前後に180度稼働するので、コンパクトに折りたたんで収納できます。

▲この状態でも扇風機として使えます。
▲首を伸ばさずに使うことも可能

また、首が最長97cmまで伸ばせるので、床置きして普通の扇風機のように使うこともできます。

扇風機としての基本性能は、直径が20.3cmで風量は4段階で風速は2.2m/s~4.0m/s、最大にするとさすがにうるさいですが、通常は最低風力でも問題はないはずです。無音というわけではありませんが、風切り音などはさほど気にはなりません。

操作はリモコン対応。電源のON/OFFのほか、風力の調整のほか首振り、LEDライトの操作が可能です。ちなみにリモコンを使わなくても本体にあるボタンでも一通りの操作は行えます。

リモコンの電池はCR2032。工具を使わずに電池のトレイを引き出せるので、交換も簡単です。

LEDライトは台座部分が淡く光るもの。明るさは3段階あり、ボタンを押すごとに明るくなり4回目でOFFになります。デスクライト替わりになるものではありませんが、ナイトランプとしては使えそうです。

そして、個人的に一番驚いたのが首振り機能。てっきり、軸が回転するものだと思っていたのですが、台座ごと回転します。回転角度は左右120度。台座ごと回るので、どこがセンターなのか判断しづらいのが難点です。

裏側には、壁掛け用の穴があるので、脱衣所などで壁にかけて使うことも出来ます。

また、吊るして使えるようのフック(?)があるので、テントなどで吊るすことも出来そうです。

机上で使うだけではなく、家中どこでも持ち運べ、屋外にも持ち出せるVENTY。これからの季節には、ピッタリではないかと思います。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。