USB-Cが付いたSurfaceドック2とUSB-Cトラベルハブも5月末に発売

Surfaceドックは相変わらず高いなぁ

日本マイクロソフトは、Surface Go 2を5月12日、Surface Book 3を6月5日に日本でも発売すると発表しました。あわせて、Surfaceドック2とMicrosoft USB-Cトラベルハブを5月26日に発売することも発表しています。

まずSurfaceドック2ですが、従来からあったSurfaceドックのアップデート版。SurfaceデバイスとはSurface Connectで接続するのは変わりませんが、待望の(といってもいいはず)USB-Cポートが追加されています。

インターフェースは下記の通り。

  • USB-C(3.2) x 2
  • 映像出力対応USB-C(3.2) x 2
  • USB-A 3.2 (10Gbps) x2
  • Gigabit ethernet x1
  • 3.5mmオーディオポート x1
  • 電源ポート x1

価格は2万9400円と相変わらず高めです。

もう一つのMicrosoft USB-Cトラベルハブは、公式の詳細な記述が見つけられなかったのですが、Windows Centralをはじめとする海外サイトの情報では、インターフェースは下記の通り。

  • USB-C (10Gbps パススルー充電対応)
  • USB-A 3.2 Gen 2
  • Gigabit ethernet
  • HDMI 2.0
  • VGA
  • 3.5mmオーディオジャック

こちらは、Surface Connectではなく、USB-C接続の一般的なハブとなっています。

価格は1万2000円(税別)。Microsoft純正にこだわらないのであれば、あえてこれを購入する理由はないかもしれません。

(via Windows Central)
(source Microsoft)