カテゴリ:News

エレコム、ポートが片側に配置されたUSBハブに新モデル

マグネットのベース付き

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

エレコムが、ポート類がすべて片側に配置されたUSBハブに、あらたに2モデルを追加しました。

USBハブは、ポートが増えると両面を使いケーブルが邪魔になったりSDカードを挿すのが面倒だったりということも多いですが、エレコムのDST-C20SVはUSB-A×2、Type-C×1、充電専用Type-C×1、HDMI×1、microSDカードスロット×1、SDカードスロット×1がすべて片面に配置されているというもの。

今回新たに、microSD/SDカードスロットがないDST-C18SVと、USB Type-Cが2ポートあるDSTC22SVが発売となります。

ポートの数のほか、DST-C18SVはPCとの接続が5Gbps(USB 3.2 Gen 1)、DST-C20/22SVは10Gbps(USB 3.2 Gen 2)というのが大きな違いになっています。

また、単に片側に配置されているというだけではなく、DST-Cシリーズは両面テープで固定できるスタンドが付属。スタンドと本体はマグネットで着脱できるので、普段はノートPCと一緒に持ち歩きつつ、自宅の机上では定位置に簡単に収めることも可能です。

価格は、DST-C18SVが8480円、DST-C22SVが1万1480円。ちなみに既売のDST-C20SVは9980円です。