カテゴリ:News

Twitter、イーロン・マスク氏による買収提案を再検討

ポイズンピルの導入を発表していましたが、裏で何かあったのでしょうか

Twitterアプリのアイコン

Twitterが、イーロン・マスク氏による買収案を再検討しているとThe Wall Street Journal(WSJ)が報じています。同紙によると、マスク氏とTwitterは日曜日に買収提案について協議したとのこと。

マスク氏は4月14日(現地時間)、Twitterに対して発行済み株式を1株54.2ドル、総額約430億ドルで買収するという提案を行いました。マスク氏自身はすでに約9%の株式を所有する筆頭株主ですが、買収提案では、株式を非公開化するとしています。

これに対してTwitterは、買収防エ作の1つであるポイズンピルを採用すると発表しました。これは、(買収者を除く)既存株主に対して新規株予約権を発行しておくことで、買収が発生した際に発行済み株式を増やし、買収を難しくしようというもの。

WSJによると、Twitterは4月28日に行われる2022年第1四半期の決算報告時に、買収提案について議論する予定だとのことです。

Source: The Wall Street Journal