TP-LINK、スマートLEDランプ2種を9月27日に発売。ブリッジ不要でスマートスピーカー連携可能

HUEよりコスパは良さそう

TP-LINKがAlexaやGoogleアシスタントに対応したスマートLEDランプ「KL130」と「KL110」を9月27日に発売します。マルチカラーで調光調色に対応したKL130が6600円(税込)、白色で調光のみ対応のKL110が3500円(税込)。

スマートスピーカー対応の調光は、PhilipsのHueなどもあり、さほど珍しくもないのですが、KL130/110の特徴は、別途ハブやブリッジが必要ないところ。

Hueは、スマートフォンやスマートスピーカーから操作する場合、別途、専用のブリッジが必要になります(Amazonでは約7000円)。

これに対してKL130/110は単独でスマートスピーカーから操作可能。ブリッジに相当する回路が本体に組み込まれています。それでいて、価格はHueのランプと大差がないのでコストパフォーマンスはかなり良さそうです。

マルチカラーのKL130は1677万色フルカラーと2500K~9000Kに対応。スマートフォンから細かく操作するほか、シーンにあわせ、あらかじめプリセットしておくことも可能です。

また、夜明けから夕暮れまで、自然の光に合わせて色温度を変更するオートホワイト機能も搭載します。

一方のKL110では、1%~100%までの調光機能に対応。

いずれも全光束は800lm。色温度はKL130が2500K~9000K、KL110が2700K。Wi-Fiは802.11 b/g/nで2.4GHzのみ対応。口金はE26となります。

Hueで揃えるより安くなるのが魅力ですね。競合が増えて、もっと価格が下がってくると嬉しいのですが。

(source PRTimes)

back to top