紛失防止トラッカーのTileとIntelが提携。Intel搭載ラップトップでTileの機能が利用可能に

スリープ状態でも探せるようになるとのこと

紛失防止トラッカーのTileとIntelが提携を発表しました。今後、Intel搭載のラップトップでTileの機能が利用可能になります。この機能は、デバイスがスリープモードでも動作するとのことです。

Tile内蔵PCとしては、2020年1月にHPがElite Dragonflyを発表しています。パソコン以外でも、BOSEのワイヤレスイヤホンなどにも同様の機能が組み込まれており、基本的には、Bluetoothチップが対応していれば、後からの追加も可能とのこと。

Intelとの提携により、Tileに対応した製品が今年後半からリリースされるとのことですが、既存製品もアップデートで対応する可能性もありそうです。

Appleがそろそろ同種のタグをリリースすると噂されていますが、TileとIntel、両者ともこれに対抗したいとの思惑があるのでしょう。

なんにしろ、ノートPCなど外に持ち出すものを見つけやすくなるのは歓迎したいところです。

(source Tile,Intel)