SwitchBotのスマートロックが登場。工事不要の後付けタイプ

スマートフォンや音声アシスタントから操作可能

各種スマートホーム向けアイテムを販売するSwitchBotから、スマートロックが登場しました。SwitchBot ロックは1万3129円で1月5日発売予定。Amazon限定で予約販売を行っています。

この手のスマートロックで先行するQrioと同じく、ドアに後付けするタイプのスマートロックで工事は不要。3つのサイズのサムターンアダプタが付属し、様々な鍵に対応できるとしています。

もちろんオートロックに対応するほか、スマートフォンからの操作も可能。AlexaやGoogleアシスタント、Siriなどの音声アシスタントにも対応します。

また、既存のSwitchBotシリーズとも連携できるので、帰宅時に解錠するのと合わせてエアコンや照明を点ける、外出時には自動で見守りカメラをONにするといった使い方もできます。Bluetoothで近づくだけで解錠……はできませんが、その分価格も安めなのがメリットです。

家族と一緒に住んでいると、導入しづらさがありますが、1人暮らしであればオートロックの締め出しにさえ注意すれば、性能的には十分ではないでしょうか。

Source: Amazon