寝ている間の温度変化もグラフで確認できるSwitchBotの温湿度計

外出先から部屋の温度を確認して、寒ければリモートでエアコンをつけるなんてこともできます

先日、SwitchBot製品各種のレビューを書きましたが、そのついでに、SwitchBotの温湿度計を購入してみました。ごくシンプルな温湿度計ですが、SwitchBotハブを利用すれば、温度や湿度をトリガーにして様々な動作を行えます。

サイズは1辺5cmほどで非常にコンパクト。表示も温度と湿度だけとシンプルです。

電源は単4電池を2本使用。約1年持つとのことです。なお、背面にあるボタンを押すことで、温度表示の摂氏(℃)と華氏(℉)を切り替え可能。また、背面は磁石になっており、冷蔵庫などに貼り付けて使えます。

使い方、というほど何かをしなければいけないことはなく、温度・湿度を測りたい場所に置いておくだけです。そんな計測値は、アプリから過去36日間分を確認可能。SwitchBotハブと連携すれば、データは無制限に記録できます。

ちなみにこのデータ、CSVで出力可能なので、エクセルやGoogleスプレッドシートに取り込んで、別途グラフ作成なども行えます。

そして、SwitchBotハブを連携することで、「温度が27度以上になったらエアコンを付ける」「湿度が50%以下になったら加湿器を付ける」といったことも可能です。

そこまではしないまでも、夜間、寝ている間や外出中の温湿度変化を確認できるのは、いろいろと便利そうです。

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。