Surface Laptop 4のものとされるベンチマーク結果が見つかる。搭載するのは12スレッドのRyzen?

13.5インチもAMD版が出るみたいですが、15インチ版もあるのでしょうかね?

4月に発表されると噂のSurface Laptop 4ですが、そのベンチマークスコアとされるものがGeekBenchに登場しています。

Surface Laptop 3では、13.5インチと15インチの2モデルあり、このうち15インチにのみRyzen搭載モデルが用意されていましたが、Surface Laptop 4では13.5インチにもIntel版とAMD版が用意されるようです。

GeekBenchの結果を見てみると、搭載しているのは「AMD Ryzen 5 3580U Microsoft Surface Edition」と「Intel Core i5-1135G7」の2種類。

Ryzen 5 3580U Microsoft Surface Editionは、Surface Laptop 3の15インチモデルで使われているのと同じですが、よくみると6コア12スレッドになっており、実際には別物であるようです(Ryzen 5 3580Uは4コア8スレッド)。

最終的に何が搭載されるのかわかりませんが、Ryzen 5 4600Uあたりでしょうか。そもそも、ベンチマーク結果がフェイクという可能性も大いにあるので過信はできませんが、4月発表が本当なら、そろそろ詳細な内容が漏れ伝えられてきてもおかしくはないタイミングです。

なんにしろ、正式発表を楽しみにしておきたいところです。

Source: GeekBench via GizChina

カテゴリ:モバイル