カテゴリ:News

+Style、シーツの下にセットする「睡眠チェッカー」発売

ベッドの人には手軽で良さそう

+Styleは9月22日、シーツの下に敷くことで睡眠データを計測、他の+Style製品とも連携できる「+Style 睡眠チェッカー」を発売しました。価格は1万5800円。

+Style (プラススタイル)
¥15,800 (2022/09/22 16:35時点 | Amazon調べ)

睡眠計測と言えば、スマートウォッチやフィットネスバンドで行うのが定番となりつつありますが、眠るときに何かを身に着けていると、気になって眠れないという人もいます。その点、「+Style 睡眠チェッカー」はシーツの下にセットするだけなので、睡眠を妨げないとのこと。なお、利用にはACアダプターの接続が必要です。

計測できるデータは心拍数や呼吸数、睡眠リズムなど。一般的にスマートウォッチなどで計測できるデータは押さえられているほか、体の下にあるということで寝返りの回数も計測できます。

計測したデータはスマートフォンの「+Style」アプリで確認可能。面白い機能として、入眠時、起床時などをトリガーにして他の+Style家電を操作可能です。たとえば、入眠したらテレビを消す、起きたら照明と付ける、カーテンを開けるといったことができるようになります。

WiFi経由でインターネットに接続していれば、離れて暮らす家族の睡眠状態も確認できます。

据え置き型のAC接続なので、バッテリー切れの心配がないのが魅力でしょうか。シーツの下に置いたときに、このデバイスが気になったりしないのか、シーツの上に毛布などを敷いても大丈夫なのかなど、気になるところではありますが、睡眠記録を手軽に計測する手段としては便利なアイテムかもしれません。

Source: +Style