Steam、2021年 年間ベストタイトルを発表。ウィンターセールの参考に

New Worldやろうかなぁ

現在、ウィンターセールを開催中のSteamが、「2021年 年間ベスト」の発表を行っています。発表されたのは、以下の6カテゴリー。

  • 売上上位(総収益に基づく年間トップ100ゲーム)
  • 新作(総収益に基づく年間トップ新作)
  • 最もプレイされたゲーム(同時プレイヤーのピーク数に基づく年間トップゲーム)
  • 早期アクセス卒業ゲーム(総収益に基づく年間トップ早期アクセス卒業ゲーム)
  • VR年間ベスト(総収益に基づく年間トップVR専用エクスペリエンス)
  • コントローラーフレンドリー(コントローラ使用のデイリーアクティブプレイヤー数に基づく年間トップコントローラゲーム)

それぞれ、具体的な順位は示されておらず、ざっくりとプラチナ(1位~12位)、ゴールド(13位~24位)、シルバー(25位~40位)、ブロンズ(41位~100位)という形での発表です。

売上上位のプラチナ(1位~12位)は、以下の12本。

  • APEX Legends
  • New World
  • Battlefield 2042
  • Destiny 2
  • Tom Clancy’s Rainbow Six Siege
  • PUBG: BATTLEGROUNDS
  • Grand Theft Auto V
  • NARAKA: BLADEPOINT
  • Counter-Strike: Global Offensive
  • Dead by Daylight
  • Valheim
  • Dota 2

この中の多くが、最もプレイされたゲームでもトップ10(ピークプレイヤー数が20万人以上)にもランクインしています。DOTA 2やPUBG、APEXなどは基本無料プレイですが、それでも売上上位に入るのは、DLCなどが好調だったのでしょう。

Amazonの買い切り型MMO RPG、New Worldもランクインしています。まだ日本語対応しておらず、日本からのプレイもなかなか厳しいようですが、古き良きMMOという印象なので、そろそろ手を出したいと思っているところです。

このほか、ランキングの詳細はSteamのサイトでご確認ください。