カテゴリ:News

SOUNDPEATSが最新ワイヤレスイヤホン「Opera 03」「Opera 05」 の先行予約をMakuakeで開始【PR】

低価格イヤホンもここまで来たかというのが正直な印象

𝕏

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。

低価格ながら品質に優れた製品を数多くリリースしているSOUNDPEATSが、Makuakeにてハイレゾ対応のワイヤレスイヤホン「SOUNDPEATS Opera 05」「SOUNDPEATS Opera 03」の先行予約販売を開始しました。

SOUNDPEATS Opera 05 / Opera 03

SOUNDPEATS Opera 05と03は、2023年1月にKickstarterでクラウドファンディングが実施されていた製品です。SOUNDPEATSがKickstarterを利用するのは、これが初めて。そのまま発売しても問題はなかったのではと思いますが、より直接的に初動を見極めたかったのかもしれません。

そんなOperaですが、形状としては長いステムがない、シンプルはカナル型のイヤホン。SOUNDPEATSのSonicやMini Pro HSなどと似た雰囲気です。

全体にプラスチックっぽさはあるものの、マットなブラックにイエローゴールドがアクセントになっており落ち着いた雰囲気です。

最近のSOUNDPEATS製品と同じくアクティブノイズキャンセリング(ANC)に対応。ANCの効き具合を調整することはできませんが、ANCのON/OFFと外音取り込みを切り替え可能です。また、イコライザーはプリセットで9つから選べるほか、自分で調整も行えます。

イヤホンの表面はタッチ操作に対応しており、下記のような操作が可能です。なお、操作方法は固定でカスタマイズはできません。

機能操作
電源オン自動操作:イヤホンを充電ケースから取り出します
手動操作:イヤホンの表面(タッチパネル)を1.5秒ロングタップします
電源オフ自動操作:イヤホンを充電ケースに戻します
手動操作:イヤホンの表面(タッチパネル)を10秒ロングタップします
再生/一時停止手動操作:イヤホンの表面(タッチパネル)を素早く2回タッチします
音量を下げる左側のイヤホンの表面(タッチパネル)を1回タップします
音量を上げる右側のイヤホンの表面(タッチパネル)を1回タップします
次の曲右側のイヤホンの表面(タッチパネル)を1.5秒ロングタップします
電話を受ける/切るイヤホンの表面(タッチパネル)を素早く2回タップします
着信拒否着信中、イヤホンの表面(タッチパネル)を1.5秒ロングタップします
通話切替通話中、イヤホンの表面(タッチパネル)を2秒ロングタップします
ペアリングモードへ変更充電ケースのボタンを3秒長押しします
端末の音声認識アシスタント機能
(Siri/Google)を起動
右側のイヤホンの表面(タッチパネル)を素早く3回タップします
ノイズキャンセルモード/
ヒアスルーモード/
ノーマルモードの切り替え
左側のイヤホンの表面(タッチパネル)を1.5秒ロングタップします

最近のイヤホンでは割りと標準装備になりつつあるゲームモードは、今回は非搭載となっています。ゲームモードはようするにバッファを削って遅延を少なくするというもので、遅延が少ない代わりに音飛びなどがしやすくなってしまいます。

SOUNDPEATSとしては、より音楽特化にしたかったのかもしれません(あるいはあまり使われていなかったのかもしれません)。

▲ちょっと耳から出っ張る感じ

Opera 05と03の違い

仕様としては、SBCとAACに加えてハイレゾコーデックのLDACに対応。日本オーディオ協会の「Hi-Res Wireless」の認証も取得しています。Bluetoothは5.3。本体はIPX4の防水仕様です。

ところで、ここまでスルーしてきましたが、Opera 05と03の違いはOpera 05がBAドライバーを2基搭載。Opera 03はBAが1基のみ。どちらも12mmのダイナミックドライバーも搭載するハイブリッド型です。つまり、Opera 05は3基のドライバー、Opera 03は2基のドライバーを搭載しています。

よく見ると本体カラーもOpera 03のほうが若干グレーになっていますが、並べて比べないとわからないかもしれません。

▲左がOpera 05、右がOpera 03。よく見るとOpera 03のほうが若干グレー。正確にはガンメタルグレーという色

▲ケースのほうが色違いはわかりやすいかも。これは左がOpera 03、右がOpera 05

肝心の音質ですが、SOUNDPEATSらしい癖のない音、長時間聞いていても疲れない音作りです。Opera 05のほうが低音~中音の厚みを感じますが、あえて言うなら、Opera 05はややドンシャリ気味で、Opera 03のほうがフラット。ただ、このあたりの印象は、イコライザ設定でだいぶ変わってきます。

一般販売時の価格はOpera 05が1万3999円、Opera 03が1万999円。Makuakeでの価格はOpera 05が8960円、Opera 03が7040円からとなっています。