SkullcandyからTile機能を組み込んだ完全ワイヤレスイヤホン発売。

やっぱりスマートアラートは標準機能にしてほしい

探し物トラッカーの「Tile」の機能を組み込んだ完全ワイヤレスイヤホンが、Skullcandy社より発売となります。

Tileは以前から他のデバイスにその機能を組み込んでおり、HPがノートPCを発表しているほか、BoseやSennheiserなどが、Tileの機能を組み込んだイヤホンやヘッドホンをリリースしています。また5月には、intelとの提携も発表しており、今後広く採用される可能性もあります。

そんなTileの機能を組み込んだ完全ワイヤレスイヤホンは、Skullcandyの「Push Ultra」「Indy Evo」「Sesh Evo」の3モデル。いずれもイヤホンの左右ユニットにそれぞれTileの機能を搭載しており、片方が見つからないような場合にも、Bluetooth圏内であればアプリを操作して音を鳴らすことが可能。また、充電ケースに入れて電源が切れている状態でもTileは機能するとのことです。

有料サブスクリプションのTile Premiumに加入すれば、置き忘れた際に通知を行うスマートアラートも利用出来ます。

肝心の完全ワイヤレスイヤホンの機能ですが、3モデルとも対応コーデックはSBCとAACのみで、ANCは非搭載。最上位のPush Ultraはワイヤレス充電に対応しています。

Amazonでは、いずれも7月20日入荷予定となっています。

完全ワイヤレスイヤホン、片方だけ紛失するリスクが常につきまとうので、Tileで探せるのは便利そうです。ただ、スマートアラートはサブスクリプションに入らなくても基本機能で使えるようにして欲しいところです……。

source: PRTimes

カテゴリ:モバイル