シャープが人気のネックスピーカーに参入、約1万5000円。でもMy Theaterと同じもの?

ODM先が同じなのか、あるいはEM-Techが請け負っているのか

シャープは10月25日、肩掛け式のウェアラブルネックスピーカー「AQUOSサウンドパートナー AN-SS1」を発表しました。人気のネックスピーカーにシャープも参入です。価格はオープンですが、量販店では14990円(税込)で予約を受付中です。発売は11月17日予定。

国内ではテレビ番組で紹介されたのがきっかけでブームになった感があるネックスピーカーですが、ソニーのほか、JBLやBOSEなども発売しており、世界的にも人気のあるジャンルのようです。

新しく出るAQUOSサウンドパートナーの特徴は、なんといっても低価格な点。9月に出たMy Theaterが1万7000円と低価格でしたが、それを下回ってきました。また、付属のBluetooth送信機を使った場合は、低遅延なFastStreamを使用可能。テレビでの映像と音のズレを防ぎます。

とはいえ、性能的には低価格らしくBluetooth 4.1にコーデックはSBCのみ対応。実用最大出力は1.4Wとなっています。

……とここまで書いておいてなんですが、これ、デザイン的にもサイズ的にもMy Theaterそっくりなのですが、ODMですかね?aptX削ってコストダウンしたのか、My TheaterがもともとaptX非対応だったのか……。

なんにしろ、低価格化はうれしいところです。テレビや映画をゆっくり楽しむだけではなく、少し耳が遠くなってきた人がテレビを観るにも、便利に使えそうです。

(source PRTimes)

back to top