SamsungのUWB版スマートトラッカー、B&Hが予約開始

AR機能は一度は使って見たい。お世話にならないのが一番ではあるのですが

Samsungが、1月にGalaxy S21シリーズとともに発表した落とし物トラッカーGalaxy SmartTag。すでにBluetooth版は米国で発売されていましたが、UWB(超広帯域通信)を利用する上位モデルGalaxy SmartTag Plusの予約が米B&Hで開始されています。価格は通常版よりも10ドル高い39.99ドル。4月12日入荷予定で、日本への発送にも対応しています。

UWB版は年内に発売予定とだけされていましたが、以外に早く登場することになりそうです。

Bluetoothを利用した紛失防止タグとは違い、UWBでは空間的な位置情報も送信が可能。たとえば、引き出しの奥やソファーの隙間などに入り込んでしまっており、タグからでる音も聞こえないといった場合、単に電波の強度だけではなく、AR機能を組み合わせてどの方向にあるといったことも把握可能になります。

UWBはスマートフォン側でも対応が必要ですが、Galaxy Note 20以降であれば対応しているはず。

まだSamsungからの正式発表はないので、B&Hの納期が延びる可能性はありますが、そう遠くない時期に発売となるのは間違いなさそうです。

Source: B&H

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。