Samsung、探し物トラッカー「Galaxy SmartTag」発表。年内にはUWB対応版もリリース

種類が増えるとユーザーが分散して発見率が下がったりしないのだろうか?

Samsungが1月15日0時(日本時間)に開催したGalaxy S21シリーズのUnpackedイベントにおいて、以前から噂のあったSamsungのトラッカータグ「Galaxy SmartTag」を発表しました。

基本的にはTileと同様のトラッカーで、Bluetoothを使ってその場所を確認出来るという物。アプリ上から音を鳴らして探すことも可能です。

また、本体にあるボタンの動作をカスタマイズでき、SamsungThingsに互換のあるIoTデバイスをSmartTagから操作が可能です。鍵を開けるついでに家の照明のONにする……といったことも行えます。

また、TileやMAMORIOなどの既存のタグでは、自身の通信圏内からタグが離れてしまっても、他のユーザーがタグの通信圏内に入るとその場所を通知してくれる機能がありますが、Galaxy SmartTagにも同様の機能を搭載。Galaxyユーザーが通信圏内になると、その場所を通知してくれます。

価格は29.99ドルで米国では1月29日発売。なお、このバージョンはBluetoothを利用していますが、UWB(超広帯域通信)を利用したSmartTag+も年内に39.99ドルで発売予定となっています。

これを使うなら、ユーザー数の多いTileやMAMORIOでもいいのでは……と思ってしまいますが、そのうちSamsungならではのメリットが出てくるのでしょうか。SmartThingsとの連携はメリットかもしれませんが。

source: Samsung(1), (2)

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。