Samsung、折り畳みディスプレイ「Infinity Flex」を披露。Androidも「Foldables」として正式サポートを表明

これは早く製品が見たい

Samsungがサンフランシスコで開催中の開発者会議 Samsung Developer Conference 2018において、噂の折りたたみスマートフォンを披露しました。ただし、まだ製品ではなく技術的なプロトタイプ。製品は2019年にリリース予定とのこと。

Sasmsungが披露したのは、折りたためるディスプレイ「Infinity Flex」。7.3インチのディスプレイを内側に折りたたむことができるというもので、披露された試作品では、閉じた後、外側にあるディスプレイでスマートフォンとして利用できることが示されていました。

ようするに2つのディスプレイを持つことになり、アプリ側の対応もなかなか大変ではないかと心配になりますが、GoogleのAndroid UX責任者 Glen Murphy氏も登壇し、Androidとして折り畳み端末を「Foldables」として正式にサポートすることも明らかにしました。

広義には、内側に折り畳み、外側と合わせて2画面あるものと、1画面を外側に向けて折る2タイプをサポートするそうです。

製品として登場するのはもうしばらく先になりますが、普及すれば、スマートフォンの大型化にも歯止めがかかるかもしれません。畳んだ状態でどれだけ薄くできるかにかかっていそうな気もしますが。

なお、基調講演の様子はFacebookの動画で確認できます。折りたたみ端末は1時間20分あたりから。

(source Samsung, Android Developers Blog)

back to top