Samsungも独自のファイル転送機能「Quick Share」を準備中。Galaxy S20に搭載?

やっぱり、こういうのは業界標準にしてほしいですね

先日、AirDrop似のAndroidのファイル共有機能の情報が伝えられていましたが、Samsungは、Galaxy専用の「Quick Share」を準備しているようです。

こちらもXDA-Developersが発見したもの。Galaxy S20+のソースにAPKが含まれていたとのことで、いまのところ他のデバイスでは見つかっていないようです。ただ、One UI 2.1に含まれる可能性はあるとのこと。今後、既存デバイスもアップデートで利用できるのかもしれません。

肝心の機能ですが、基本的には他の共有サービスと同じようなもの。サポートしているデバイスが近くにある場合には、それが表示され画像などを共有できます。他と少し異なるのが、クラウド共有の機能も兼ねている点。ファイルを一時的にSamsungのクラウドにアップロードし、Samsung SmartThingsデバイスとの共有も行えるとのことです。

メーカー独自のファイル共有としては、HUAWEIのHUAWEI Shareがあります。サポートしている端末同士で使う分にはかなり便利なのですが、他メーカーの端末で利用できないのは難点。

その点、OPPO、Vivo、Xiaomiは相互に利用できるクロスプラットフォームのファイル転送システムを2月から提供予定です。

こういう仕組みが業界全体に広がるといいのですが、それは、Android標準の機能でいいのではないかという気もします。

ともあれ、SamsungのQuick Shareについては、2月11日のUnpackedイベントで明らかになると考えられます。

(source XDA-Developers)

カテゴリ:モバイル