Samsung、DeXキーを備えたコンパクトキーボードSmart Keyboard Trio 500を発表

SamsungなりのMagic Keyboard対抗デバイスなのでしょう

Samsungは4月26日(現地時間)、DeXモードボタンを備えたコンパクトBluetoothキーボードSmart Keyboard Trio 500を正式に発表しました。

Smart Keyboard Trio 500はテンキーレスのコンパクトキーボード。おそらくは単独でDeXを利用できるGalaxy Tab S7での利用をメインに考えられているデバイスなのでしょう。iPadでいうMagic Keyboard的な立ち位置です。

小さいながら、ファンクションキーとカーソルキーは独立しています。カラーはホワイトとブラックの2色。

3台のマルチペアリングに対応しており、F7~F9キー(おそらくはFnキーとのコンビネーション)で接続先をシームレスに切り替え可能。

また、F1~F3キーに任意のアプリを割り当てることができ、ボタン1つで起動が可能とのこと。ただし、この機能を利用できるのは、One UI3.1を実行しているGalaxyスマートフォンとタブレットに限られます。

そして、F12キーのDeXキーを押すとGalaxyスマートフォンやタブレットをDeXモードに移行できます。スマートフォンの場合は別途ディスプレイと接続している必要がありますが、Galaxy Tab S7は単体でもDeXを利用可能。そういった端末では便利な機能かもしれません。

Smart Keyboard Trio 500の発売は、5月上旬の予定。ただ、価格やどの市場で発売されるのかは不明です。DeXモードが最大の売りになりそうなので、Galaxy Tab S7の販売国が対象となりそうな気もします。

Source: Samsung

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。