SamsungのDeX向けワイヤレスキーボード、海外公式サイトに掲載

DeXキーって必要なんだろうか?

SmasungがDex向けのアクセサリーとして、ワイヤレスキーボードを発売するようです。まだ正式発表はありませんが、すでにレバント地域のSamsungサイトで公開されています。

Bluetooth接続のワイヤレスキーボード、Samsung Smart Keyboard Trio 500は、3台のデバイスとマルチペアリングが可能で、キーボード上から接続先を簡単に切り替えられます。

また、よく利用するアプリを3つまで登録できるカスタムホットキーも搭載。ただし、利用できるのは2021年3月以降に最後の更新が行われたOne UI 3.1を実行しているGalaxy端末のみとのこと。Galaxy S21シリーズなら問題はないはずです。

そして、F12キーは、Dexモードボタンも兼ねており、ワンクリックでDeXモードを起動できるとのこと。とはいえ、ディスプレイを繋ぎさえすれば、DeXは勝手に起動します。タブレットなどで普段はミラーリングで利用し、必要に応じてDeXに切り替えるといったことを想定しているのかもしれません。

バッテリーは単4電池を2本使用。サイズは280.4 x 127.4 x 15.4 mmで重さ412.3gです。価格は不明です。

Samsungは4月28日に(おそらく)ラップトップを発表するUnPackedイベントを開催しますが、そのイベントではタブレット製品も発表される可能性があります。そこで、アクセサリーとして一緒に発表されるのかもしれません。

Source: Samsung via XDA-Developers

※記事の内容は執筆時点のものです。記事内のリンクからアフィリエイト報酬を得ることがあります。