ベルトのタッチでスマホを操作するサン・ローランのCIT-E BACKPACK発売。GoogleのJacquardを使用

高い!と思ったらブランド自体がお高かった……

ファッションブランドのサン・ローランが、Googleの導電繊維を織り込みタッチ操作を可能にする生地「Jacquard」を利用したバックパック「CIT-E BACKPACK」を発売します。

Jacquard、「そういえばそんなのあったね」くらいに最近は話題がありませんでしたが、一応説明しておくとJacquardを使った第1弾製品は2017年にLevi’sから発売済み。袖口にJacquardが使われ、スマートフォンを見なくても音楽再生やボリューム調整などが行えるというものでした。

サン・ローランのバックパックは、左側のベルト(ストラップ)にJacquard が使われており、背負った状態でタッチ操作を行います。

なお、スマートフォンとペアリングする本体(Jacquard Tag)はバックパック内部に設置。ブランドタグを兼ねているようです。

▲本体はバックパック内部に
▲取り外してmicroUSBで充電します

やれることは、メディアコントロールや通知の確認など。これ自体にスピーカーなどが付いているわけではないので、別途イヤホンなどを使いつつ、操作をこれで行うイメージです。いちいちスマートフォンを取り出さなくても済むのは便利かもしれません。

クイックスタートガイドを見ると、技適も取得しており、日本での利用も想定されているとのこと。ただし、販売はパリにあるコンセプトストアのみのようです。

なお、現在は品切れとなっていますが、ウェブサイトでも予約を受け付けており、価格は795ユーロ(約9万4000円)、10月15日以降の発送となっていたようです。

バッグに10万円というとかなり高い印象もありますが、Jacquardではない通常のサン・ローランのバックパックが10万2600円(税込)なので、特別に高く設定されているわけではないようです……。

(via 9to5Google)
(source SAINT LAURENT)

back to top