サムスンのヘルスケアアプリ「S Helth」からカフェインや体重管理の項目が削除

直でGoogle Fitにデータ落として欲しい……

Samsungのヘルスケアアプリ、S Health。Galaxy Watchなどの計測データを確認できる重要なアプリですが、他にも体重や、カフェイン摂取量などの登録もでき、総合的に健康状態を把握できるアプリです。

そのS Healthから、「体重管理」「カフェイン」「カロリー追跡」を削除するとSamsungが発表しました。終了の理由は明かされていませんが、S Health Mobile 6.11以降で利用出来なくなるとのこと。この更新バージョンは7月にはリリースされるようです。

Galaxy Watchなどのウォッチフェイスに関連情報を表示している場合には、これも表示されなくなり、Galaxy WatchとFitに保存されたデータは一定期間を過ぎると削除されるとのこと。

「カフェイン」については、いちいち入力するのが面倒以外の何物でもなく、なくなるのはある意味納得です。

なお「体重管理」については、名称とは裏腹に体重ではなく、その日のカロリーの過不足を表示する物。消費カロリーや摂取カロリーをもとに表示していますが、摂取カロリー(食事の管理)を記録しなくても推測で値を表示します。「カロリー追跡」はスマートフォンのアプリ上には項目がないのですが、スマートウォッチ上にある、その日の消費カロリーを表示する「カロリー」ウィジェットが該当する物と思います。

▲体重管理(左)とカロリー(右)のウィジェット

大幅に機能を削除するというよりは、使われていない項目の整理を行うという感じのようです。

余談ですが、S Helthの食事管理、コンビニやファミレスなどのメニューも豊富に登録されているので、意外とオススメです。

via: SamMobile
source: Samsung

修正(2020/7/20):体重管理、カロリー追跡について内容を修正しました。

カテゴリ:モバイル