もう落とさない! SpigenのAirPods用イヤーフックをレビュー。充電できないのが難点

付けたまま充電できる方法があれば・・・

これまで一度も落としたり、外れそうだと感じたことがないAirPodsですが、世間ではそれなりに落とした、外れたという人も多い様子。これに対応するためAirPodsに装着するイヤーピース、イヤーフックがいくつか販売されています。

そんなAirPods用のイヤーフックをスマートフォンケースなどでおなじみのSpigenもリリースしたとのことで、試しに購入してみました。

AirPodsを耳に押し込む必要がなく、装着感は格段に向上しますが、想像通りに使い難い部分もあります。

▼ おススメポイント

  • AirPodsがしっかり固定され落とすことはなさそう
  • AirPodsの装着感が軽くなり、長時間の使用でも疲れない

▼ ここがダメ

  • 装着したままケースに収まらない(= 充電できない)
  • 付け外しが面倒

シリコン製のSpigen イヤーフック

LとS、大小2つのセットが入っています。パッと見ですが、Lサイズは相当大きく、多くの人はSサイズだけで問題なさそうな気がします。

素材はシリコン製で柔らかいです。シリコンですが、埃が付きまくるような感じではなく、表面はさらさらとしています。

AirPodsを上から差し込んで装着。

穴位置などもしっかりと合っています。

裏面。最初はかなり装着しずらいですが、何度か付け外しをしているうちになじんできました。シリコンが伸びた所為かもしれないので、耐久性に不安は残ります。

よく見るとイヤーフックの裏面に「L」「R」の表記があります。

▲赤丸の部分に「L」「R」の表記

実際に装着してみました。まずは素のAirPodsの状態。

Spigenのイヤーフックを装着したところ。装着感が軽くなり、圧迫感などもありません。

▲素の状態よりも浅めに嵌っているのがわかるでしょうか?

かなり良好な着け心地だし、これなら落ちやすいと言われることもないと思いますが、とても残念なポイントがあります。

想像通りだとは思いますが、装着したまま充電ケースに入れることができません。

蓋が閉まらなくても充電できるなら・・・とも思ったのですが、充電も不可。

AirPodsの充電ケースの内側には充電用の端子があるのですが、イヤーフックを装着したままだとここに届きません。

▲ケースの中に端子があります。

つまり、充電ケースに戻す際にはイヤーフックを外さねばならず、出先の場合、外したイヤーフックをどこに仕舞えばいいのかという問題も出てきます。

ジョギングやジムトレーニングの間だけイヤーフックを使う、あるいは、AirPods単体でも約5時間の音楽再生、2時間の連続通話が可能となっているので、通勤通学時に使用するだけであれば充電ケースを使わなくてもなんとかなりそうではありますが。

使いやすくなるのでお勧めしたいパーツではあるのですが、難しいですね。

▲この先っぽに取り付けて充電端子に届くようにするパーツ、できないかな。

【Spigen】Apple AirPods 用 イヤーフック,[ Sサイズ Lサイズ 2ピースセット ] iPhone X / iPhone8 / 8 Plus / iPhone7 / 7 Plus エアーポッズ 専用 イヤーピース (RA200, ホワイト)
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
タグ: , ,

back to top