【シン・ゴジラ感想】怪獣が日本に現れたら自衛隊は出撃できるのか?

シンゴジラ

7月29日から公開されているシン・ゴジラを観てきました。
タイトルだけは知っていたものの、事前情報をなにも入れない状態での視聴でしたが、娯楽作品としてはかなり楽しめました。

今の日本にゴジラが現れたらどうなるか?

怪獣映画というと、怪獣が現れたら自衛隊が緊急出動して攻撃して・・・という展開がお決まりなのですが、このシン・ゴジラでは違います。

そもそも自衛隊が出動すべき案件なのか、法的に攻撃は可能なのか、その決断は誰が下すのか、超法規的措置を採るとしてそのための会議を開いて、○○対策本部を設置して、○○対策室を設置して・・・という感じに、おそらく実際にゴジラが現れたらこういうことになるのだろうというあたりをリアルに再現しています(たぶんリアルなんだと思います)。

正直、「この国めんどくさいなぁ」という印象です。
アメリカあたりだと大統領権限ですぐに攻撃ということになるのでしょうか?

劇中でも少し触れられていましたが、「効率よく責任を回避する仕組み」だけが充実しているのだなぁっと考えさせられました。

ゴジラの中の人は狂言師

ところで、映画のエンドロールでキャストが50音順に出てくるのですが、野村萬斎さんだけ独立して表示されていて、「どこで出てきたんだ?」状態でした。
そうしたら、実はゴジラを演じていたのが野村萬斎さんなんだそうです。

言われてみると、なんかそれっぽい動きをしています。
ただ立っているだけのシーンでも佇まいが狂言師的に見えてくるのが不思議です。
あとは予告などでも登場するゴジラの咆哮シーン。

ストーリーは初代っぽい?

全体としては、初代ゴジラを意識しているのかな?

若干ネタバレになりますが、初代でいうところのオキシジェン・デストロイヤー的なものも登場してワクワクしていたのですが、後半の展開はややご都合主義が過ぎる感もあり、前半のリアリティあふれる流れからするとちょっと強引なまとめかなぁというところが気になりました。

あと、最後の最後で見える意味深なゴジラの造形はなんだったのかなぁ?

細かいところは置いておくとして、単純に娯楽作品として楽しめる内容でした。
小さい子供さんだと退屈しそうだけど、小学校高学年くらいなら一緒に観ても楽しめるのではないかと思います。

シン・ゴジラ公式サイト

タグ: ,

back to top