胃がんの99%はピロリ菌が原因 なのでピロリ菌の郵送検査キットで検査します

ピロリ菌検査

ホリエモンこと堀江貴文さんが発起人の1人となって立ち上げた予防医療普及委員会が、クラウドファンディング「REDYFOR」でキャンペーンを行っていたピロリ菌の郵送検査キットが届きました。

胃がんの原因 99%はピロリ菌

がんの死亡数第3位の胃がん。
その胃がんの原因は99%がピロリ菌なんだそうです。
その事実を広めるとともに、ピロリ菌検査を実施して早期にピロリ菌を除菌し、胃がんを防ごうというのが「予防医療普及委員会」の最初の目的とのこと。

ちなみにピロリ菌除菌普及プロジェクトの名前は「ピ」。
わかりやすくていいですね。

キャラクターのピロリちゃんは怖いけど。

ピロリ菌

検査はキットにおしっこをかけるだけ

ピロリ菌は尿から簡単に検査できるそうで、送付された検査キットにおしっこをかけ、郵送で送り返せば約2週間で結果がわかるようです。

2016-06-24 16.19.15

以前にやった遺伝子検査みたいな流れですね。

結果が出たら、また報告したいと思います。

ピロリ菌検査を受けるためには?

すでにクラウドファンディングは終了していますが、これからピロリ菌の検査を受けたいという場合にどうすればいいでしょうか?

先ほどの「ピ」のサイトにピロリ菌検査を受けられる場所への一覧があるので参考にしてください。

また、郵送の場合、「健康バスケット」というサイトで受け付けていました。
使用する検査キットは、今回のクラウドファンディングで使用するのと同じ物ですね。

いっせいにピロリ菌を検査・除菌できれば胃がんはなくなる?

今の世代がいっせいにピロリ菌の検査を行い、除菌ができれば、次の世代では胃がんはほぼなくなるという話もあるようです。

今の子供の世代では難しいかもしれないけど、孫の世代では胃がんは過去の病気・・・となるといいなぁ。

タグ: ,

back to top