2016.7.23

ポケモンGOのデータ通信量とバッテリ消費、実際にはどれくらい?

ポケモンGO

MVNO業者がポケモンGOにかかわる通信を無料にするなどの施策を発表していますが、実際にどの程度のデータ通信量になるのか、またバッテリ消費の状況などを軽く計測してみました。

広告

ポケモンGOのデータ使用量

約1時間30分外を総武線の小岩駅周辺を歩き回り、開始前と後とでデータ使用量を比べるという方法で計測してみました。
ゲームは1時間30分フォアグラウンドで動作させっぱなし、できるだけスリープにもさせず、ほぼずっと画面を表示させた状態です。
なお、使用した端末はGalaxy S7 edgeです。

1時間30分歩き回った結果

スタート時は15.36MBだったデータ使用量が、1時間30分で25.75MBになりました。

約90分で10.5MBほどの通信を行ったことになります。
1時間あたり7MBほどですね。

おそらくポケストップの数やポケモンの出現率などで通信量が変わると思うので、ポケストップが多い都心ではもっと消費するのではないでしょうか。

都心部ではポケストップの数が数倍あるのでデータ通信量が5倍程度と見込むと、1日3時間程度プレイするとして約100MBにはなりそうです。

がっつりプレイすると月に3GBは軽く超えてしまいそうですね。

バッテリの消費も確認

ついでにバッテリの消費量を確認してみました。

Battery Mixでの確認ですが、ゲーム開始前に90%あった残量が、1時間30分後に58%まで減りました。

ポケモンGO

ポケモンGOのバッテリセーバー機能は使用せず、ディスプレイもほぼつけっぱなしの状態ではありましたが、やっぱりモバイルバッテリが必須っぽいですね。

MVNOの対応

ポケコンGO絡みのデータ通信に関して、IIJmioとNifmoがポケモンGOの影響による通信量の増加により、通信速度が低下したとツイートしています。

このデータ通信の急増は一過性のものだと思いますが、しばらくは速度低下が続くかもしれません。

ポケモンGOの通信を無料にする施策

ポケモンGOにかかわる通信を無料にするというプランもDTI SIMとFREETELが発表しています。

ポケモンGOをプレイする人にとってはありがたいプランだと思いますが、一方でIIJmioでは無料化は行わないという姿勢を表明しています。

IIJmioの言っていることはもっともですね。

今後、他の事業者からもポケモンGO絡みの発表がある気がしますが、プレイしない人にとってメリットがあるのか、なども気に掛けるポイントかもしれません。

タグ:

back to top