iPhoneとApple Watchの定位置に。まとめて充電できる「Oittm 多機能充電スタンド」をレビュー

そういえば、AndroidとAndroid Wearの充電台って出てこないですね。

Oittmから、ばらばらになりがちなiPhoneとApple Watchをまとめて片づけられる充電台「Oittm 多機能充電スタンド」をレビュー用に提供頂きました。

3口のUSBポートも付属し、同時に複数のスマートフォンを充電可能な多機能スタンドです。

▼ おススメポイント

  • 見た目もスッキリスマート
  • 3ポートのUSBハブとして利用可能

▼ ここがダメ

  • ケーブル類が付属しない
  • iPhone側をもう少し低く……

iPhoneとApple Watchをスッキリまとめられる充電台

パッケージを開けて少し驚いたのですが、製品は組み立て式。本体上部が取り外し式になっておりその中にパーツが入っています。

組み立て式と言っても、充電用のLightningケーブルやApple Watchの充電台をパーツに通して嵌めていくだけです。なお、Lightningケーブル、Apple Watchの充電台は付属しません。手元にあるものを使用する必要があります。

本体内側にUSBポートが2つあり、ここにLightning、Apple Watchのケーブルを刺します。

裏側にもUSBポートが3つ。内側も含め、各USBポートの主力は最大5V/2.4A。全ポートの合計で7Aです。

全て組み立てると下記のような感じです。左のiPhone側にあるグレーのパーツは高さ合わせ用。ケースのまま使えるよう、薄くなったパーツも付属しています。

裏の支えは可動式で、ケースの厚みにより前後に調整可能です。

なかなかスッキリとまとまって良い感じ。

▲iPhone側がもう少し背が低くなるとベスト

「iPhone 8/XだからQiを使っている。Lightningで充電しない」という人はAirPodsの充電にも使えます。

背面のUSBポートでHUAWEI Mate 9を充電したところ、5V/1Aを給電していました。

iPhoneとApple Watchを片付けられ、かつUSBハブとしても利用できるので便利なのですが、3680円はやや割高感もあります。この価格ならLightningケーブルやApple Watchの充電台は付属していて欲しかったところ。

とはいえ、便利なのは間違いないので、Apple Watchを使っている人は購入しても損はしないと思います。

タグ: , , ,

back to top