2016.8.30

NOMOS Ludwig用にDバックルを購入 やっぱり時計はアナログがいい気がする

NOMOS

最近スマートウォッチに飽きてきたのと、フィットネストラッカ(というより単に歩数計)としてMisfit Rayを首からぶら下げているので、腕に付ける時計を普通の腕時計にしています。

使っているのはNOMOSのLudwig。

ただ、最近は金属製のベルトを多く使っていたこともあって、革ベルトがちょっと不便・・・。
そんなわけで、革ベルトでもワンタッチで取り外しできるDバックルを購入してみました。

2016-08-30 14.21.05

購入したのは重松のもの。

Dバックルは価格的にもピンからキリまであるのですが、重松のものは評判が良いようです。

なお、Dバックルのサイズですが、例えば上記は16mmです。
これは時計の交換ベルトのサイズではなく、美錠のサイズなので注意してください。
NOMOS Ludwigの純正ベルトは、交換ベルトとしては18㎜ですが、美錠側のサイズは16㎜になります。

取り付け方ですが、まず元のベルトについている美錠を外します。
バネ棒になっているので、横の穴から付けば外れます。

あとはそこにDバックルをバネ棒で止めればOK。
Dバックルの反対側はいつも止めている穴に挿せば大丈夫なはずですが、1つ緩めにしたほうがいいかもしれません。

2016-08-30 14.17.52

バックルの左右にある突起を押すと簡単に外すことができますが、装着のしやすさ以上に利点となるのが、ベルトの痛み防止です。

2016-08-30 14.21.27

ツク棒(美錠にある穴に挿すパーツ)を通すために無理にベルトを曲げたりする必要がなく、ベルト穴にも無理な力がかからないので、革ベルトも長持ちさせることができます。

2016-08-30 14.22.34

Dバックル自体はサイズさえ合えばスマートウォッチでも使えるのでお勧めです。

そんなわけで、しばらくはDバックルを装着したNOMOSを使ってみるつもりです。
また飽きて来たり、新しいスマートウォッチやフィットネストラッカが出たらそれを使うかもしれないけど。

タグ: ,

back to top