2017.7.20 (更新日:2017.08.26)

Nintendo SwitchをTVに出力できる小型アダプタ 「C-Force CF002」は持ち運びに便利

任天堂、純正で売り出さないかな。

Ninendo Switchの純正ドックの代わりにテレビに繋いで画面を出力できる小型アダプタ「C-Force CF002」を購入してみました。

Nintendo Switchの純正ドックは持ち歩くには大きすぎる

まだ品薄が続いているNintendo Switchですが、スプラトゥーン2も発売されるし、旅行や出張に持っていき、ホテルのテレビに繋いで大画面でプレイしたいという人もいるのではないかと思います。しかしそんな場合にネックになるのがドックの存在。これを持ち運ぶのはさすがに邪魔。

SwitchからHDMI出力する仕様自体は一般的なDisplay Port over USB Type-C(DP Alt Mode)だと思っていたのですが、どうもドック内にある回路が何かしらの補助をしており、Macbook用などのHDMIポート付きUSB-Cハブでは利用できない様子。

というわけで、Kickstarterでもドックの代わりになるアダプタがキャンペーンを行っていたり、純正ドックの中の基盤を利用して小さいケースに収めるキットが売られていたりします。

※Switch-Con、商標の問題が指摘され、Kickstarterのキャンペーンが凍結されていますが、名称とロゴを変更し、間もなく再開されるとのこと。

Myriann Nintendo Switch ニンテンドースイッチドック 置換ケース 代わりケース 外殻 小型 携帯便利
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_

しかし、中国ではすでにドック代わりに使える小型アダプタが販売されています。今回購入したC-Force CF002は2世代目の製品。この前にCF001というSwitch-Conとほぼ同じ外観の製品がありましたが、すでにディスコンのようです。

追記:CF001とSwitch-Conは実際には同一の製品(リビジョンが異なるようですが)でした。Kickstarterで出資していたSwitch-Con / C-Forceが届いたので、レビューをおこなっています。

小型アダプタ C-Force CF002

今回購入したCF002はちょっとしたUSBハブ程度の大きさ。

純正ドックと比べるとはるかに小さいのがわかります。

本体はアルミ製で意外としっかりした作りです。

▲側面に給電用のUSB Type-Cポート

▲反対側にはUSB Type-Aポート

▲端っこにHDMIポート

出力には15V給電が可能なアダプタが必要

早速接続したところ、ちゃんと出力が出来ました。

動作としては純正ドックと同じで、接続中はSwitch本体の画面は消え、Joy-Conも本体に接続したままでは操作ができません。

また、USB Type-Cへの給電は15Vが必要なようです。純正のACアダプタでは使えましたが、12Vや5V出力のアダプタでは動作しませんでした。

▲純正アダプタでは使用可能 15V/0.4A

▲GPD Pocket付属のアダプタでは使用できませんでした。 12V/0.3A

電圧ではなく電流値の問題かもしれませんが、とりあえずは純正アダプタを使うのが安全そうです。

Galaxy S8の画面出力に対応

先に紹介したSwitch-Conもそうなのですが、なぜかGalaxy S8/S8+でも使えるというのがウリになっていたりします。どういうことかというと、Galaxy S8の画面をそのままテレビに出力することが可能です。

単にミラーリング出力できるだけで、DeXが使えるわけではありませんが、やっぱり出先で大画面で動画を観利する場合には便利かもしれません。なお、Galaxy S8+で使用する場合には給電は不要でした。

ちなみに、HUAWEI Mate 9でも試しましたがこちらはダメでした。単にDP Alt Modeに対応していないのでしょう。

他にも動作する機種があるのかは、ボチボチ調べたいと思います。

Taobaoからの購入

今回は中国最大規模のECサイト、Taobaoから購入しました。価格は329元(約5,500円)+送料27.3元(約450円)。

7月10日に注文したところ即時発送してくれて、翌日には国際配送を行う4pxの倉庫につきました。しかしそこから時間がかかり、倉庫から発送されたのが15日。土日を挟んだこともあり、深センの税関を通過したのが17日で、そこからは早く19日には日本に入りました。

Taobao、サイトのシステム的にはすべて同じ場所で荷物の追跡や問い合わせなども行えるので、かなり便利ではあるのですが、中国語がネックですね。

ところで、製品が送られてきたとき、外装はこんな感じでUSBカードリーダになっていました。

▲これはこれで便利そうな製品

これを見たときに「やられた!」と思ったのですが、中身はちゃんと注文したものでした。この辺はさすがの中国クオリティといったところでしょうか。

上海問屋かサンコーレアモノショップあたりで扱ってほしい

純正ドックを持ち歩くよりもはるかに便利だし、欲しいという人も多いのではないかと思います。Taobaoで買うのもいいですが、上海問屋かサンコーレアモノショップあたりで扱ってくれないかなぁっと期待しています。

追記:KTRMが正規代理店となり、国内でも販売が開始されました。

【国内正規代理店品】KTRM C-Force CF002 USB Type-C 3.1 HDMI マルチポートニンテンドー スイッチ ポータブル ドック MacBook Pro 3-in-1 メーカー保証 (Switch, Gray)
assocbtn_orange_amazon2._V288606659_
タグ: , , ,

back to top