プロから指導を受けるアナウンサー体験! MOTTAINAIキッズタウン TOKYOに参加(その3)【PR】

長男さん、意外と向いているのかも

MOTTAINAI

3月11日(日)に池袋サンシャインシティで開催された「MOTTAINAIキッズタウンTOKYO」。3回目の今回は、ひかりTVのお仕事体験として、アナウンサー体験の様子をお伝えます。

なお、MOTTAINAIキャンペーンやMOTTAINAIキッズタウンTOKYOの詳細については、前々回(その1)の記事をご参照ください。

アナウンサーのお仕事体験

NTTぷららのひかりTVブースでのお仕事体験は、前回のパウンドケーキ販売体験なども含めてですが、「子どもたちの将来に価値ある気づきを促したい」との考えから実施されいるとのこと。さまざまな仕事を実際に体験することで、「こんな仕事もある」「こういう仕事だったのか」など何かしらの気づきのきっかけになればというものです。

国内で初めて4K-IP放送の提供を行ったひかりTV

「ひかりTV」はインターネットへの接続などに用いる光回線を利用した動画配信サービス。地上波やBS/CSなどのテレビ番組を観れるほか、映画やスポーツなどの専門チャンネルも充実しています。国内で初めて4K-IP放送と4K-VODの両サービスを提供したのもひかりTVです。

なお、今回のアナウンサー体験では、実際にひかりTVの番組作成で使われているという機材が持ち込まれていたのですが、カメラも4K対応のものでした。

疑似ニュース番組を体験

肝心の体験内容としては、元TBSアナウンサーの竹内香苗さんが講師となり、アナウンサーの仕事の内容を軽く説明を受けた後、発声練習や実際に原稿を読む練習を行いました。

▲アナウンサーの仕事内容について軽く説明。その後に発声練習も

▲早口言葉の練習。実際に、本番前に口を動かしやすくするために早口言葉を言ったりするそうです

最後は架空のニュース原稿を手に、実際の番組のような形で実践。ちなみにニュース原稿を読む際には、「1週間」などの数字が出てくるところを気持ちゆっくり読むと聞き取りやすくなるのだとか。

▲ニュースや、天気、スポーツなどをそれぞれの子どもが担当

実際の様子が下記。1か所噛んだけど、長男さん、意外と読むのが上手い?

趣味学習サイト Shummy

NTTぷらら(ひかりTV)のブースでは、ほかにもカメラマンのお仕事体験も実施されていました。時間の都合でこれには参加できなかったのですが、Shummyで一眼レフカメラ講座を開いているプロの写真家の方が講師をされていたようです。

Shummyは2017年3月から始まったオンラインの趣味学習サイト。動画による学習が基本で、講師はその道のプロが担当しています。料理やカメラ、小物づくりやメイクなどさまざまな趣味の講座があります。

オンラインで学べるほか、実際にコミュニケーションも取れるよう、ワークショップなどのイベントも開催しているそうです。

昔懐かしのあそびとゆるスポーツ

「MOTTAINAIキッズタウンTOKYO」では、これまで紹介してきたNTTぷらら(ひかりTV)のブース以外にも多くの企業が出展していました。そして企業ではないですが、子どもたちが夢中になっていたのが昔懐かしいあそびのコーナーとゆるスポーツでした。

懐かしのあそびでは、竹馬やけん玉、かるたに竹ぽっくりなど、大人からみても懐かしい遊びが揃っていました。

▲子供さんは竹ぽっくりが気に入った様子。ベーゴマがあったので何十年ぶりかにチャレンジしたのですが、まったく回せなかったです

そしてもっとも夢中になっていたのが、なぞの「ゆるスポーツ」。

世界ゆるスポーツ協会というのを初めて知りました

▲うんちリレー。頭に乗せたうんちを落とさずに三角コーンの間を走り抜けるという競技です

単純な遊びほど夢中になれるということなのでしょうか。このエリアだけで1時間以上遊び続け、帰りは電車の中で熟睡していました……。

MOTTAINAIキッズタウンTOKYO 関連記事

back to top