パウンドケーキの販売を体験! MOTTAINAIキッズタウン TOKYOに参加(その2)【PR】

パウンドケーキ、美味しかったです

MOTTAINAI

3月11日(日)に池袋サンシャインシティで開催された「MOTTAINAIキッズタウンTOKYO」。今回は、パウンドケーキの販売体験の様子をお伝えます。

なお、MOTTAINAIキャンペーンやMOTTAINAIキッズタウンTOKYOの詳細については、前回の記事をご参照ください。

「このはの家」のパウンドケーキの販売体験

販売するパウンドケーキは、福祉作業所であるNPO法人 このはの家(ベーカリーこのは)のもの。NTTぷららでは、このはの家と提携し、障がい者の方々が手作りされたお菓子やパンを車内販売するなどし、社員との交流を図っているそうです。

今回は、その中のパウンドケーキを子供たちが販売体験できるブースが用意されていました。販売体験やそれを購入した人たちにも、イベントを通じてこのはの家や取り組みについて知って欲しいというのが狙いとのことです。

なお、このはの家は公式サイトはありませんが、下記が運営しているブログになります。

体験の内容は大きく2つ。1つは販売前の値札作りやシール貼り、商品の陳列などの前準備。もう一つが販売時の袋詰めと、追加の陳列などの販売体験です。

娘さんは後者の販売体験がいいとのことだったので、そちらで参加しました。

なお、販売は3回あったのですが、値札などは毎回作り直していました。これは前準備の体験をその都度行う為ですね。

MOTTAINAI

▲このポップも前準備で参加していたお子さんの手作り

ちなみに、パウンドケーキは1個10円の激安販売。先ほどのブログを見てみると、普段は1つ170円ほどで販売されているようなので、超激安販売となっています。ただし、購入できるのはお子様限定で1人3つまで。大人は購入できません。

販売体験だけではなく、購入体験をしてほしいという狙いもあるのでしょう。実際、小さな子供が30円を握りしめて買いに来る姿も見受けられました。

MOTTAINAI

そんなパウンドケーキは販売開始時間の前から行列ができるほどの大人気。ひっきりなしにお客さんが来ていました。

▲袋詰めしてお客さんに渡すのがお仕事

なお、販売体験といってもお金が絡むことなので、お金の受け渡しは大人が対応。体験中の子どもはノータッチということになっていました。

▲並べてもすぐになくなってしまうので、品出しも大変そうでした

体験した回の販売数は300個でしたが、およそ30分~40分で売り切れとなりました。

▲左からバナナ、レモン、抹茶。全部で6種類販売されていました。

子どもの子どもによる子どものためのフリーマーケットも

今回はパウンドケーキの販売体験をしたわけですが、会場ではまた別の販売体験、MOTTAINAIキッズフリーマーケットも開催されていました。

出店するのも子ども、買い物をするのも子どもというフリーマーケット。「物を大切にする心を育み、また実際に物を売り買いすることで、お金の大切さや、 他人とのコミュニケーションをとることの大切さを学んでもらうことを目的」としているそうです。

▲フリーマーケットエリア内には保護者も入れないという徹底ぶり

出店は事前登録制で150ブースほどが出店していましたが、かなりの大盛況でした。

遠目で見ていただけですが、売っているものも様々。カード類(遊戯王とかデュエルマスターズとか)が目につきましたが、カードの上限は300円、その他も値付けは高くても500円までとのことでした。

▲本当に家にあるものを持って来た感じ

MOTTAINAIキッズフリーマーケットはMOTTAINAIキッズタウンTOKYOだけではなく、頻繁に各地(東京近郊)で開催されているようです。

こちらもチャンスがあれば参加してみたいと思います。

NTTぷらら関連サービスについて

ひかりTV

「ひかりTV」はインターネットへの接続などに用いる光回線を利用した動画配信サービス。地上波やBS/CSなどのテレビ番組を観れるほか、映画やスポーツなどの専門チャンネルも充実しています。国内で初めて4K-IP放送と4K-VODの両サービスを提供したのもひかりTVです。

趣味学習サイト Shummy

Shummyは2017年3月から始まったオンラインの趣味学習サイト。動画による学習が基本で、講師はその道のプロが担当しています。料理やカメラ、小物づくりやメイクなどさまざまな趣味の講座があります。

オンラインで学べるほか、実際にコミュニケーションも取れるよう、ワークショップなどのイベントも開催しているそうです。

MOTTAINAIキッズタウンTOKYO 関連記事

back to top