手のひらサイズのスマホ「Jelly Pro」レビュー、2.45インチだけどRAM2GBで良く動く

弄ってて素直に楽しいスマートフォン

世界最小のLTE対応スマートフォンらしいJelly Proが届きました。以前にKickstarterで出資していたものです。

小さなスマートフォン Jelly Pro

基本スペックは下記。

仕様Jelly Pro
ディスプレイ2.45インチ 432×240
CPUMediaTek MT6735 Quad Core 1.1GHz
RAM2GB
ストレージ16GB + microSD
バッテリー950mAh
カメラ8MP + 2MP
WiFi802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth4.0
LTE1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20

おもちゃみたいなスマートフォンですが、WiFiは5GHz帯にも対応しています。

外観

外観はとてもプラスチッキー。本体が小さいのでフロントカメラが大きく見えます。

ホームボタンはインジゲーターも兼ねており、充電中は赤く光ります。

背面。下部に見えるスリットはスピーカーです。

背面カバーは取り外せ、バッテリを外すとSIMスロットとmicroSDスロットがあります。この感じ、とても懐かしいです。

正面向かって右側面に電源とmictoUSBポート。

左側面にはボリューム。

上面には3.5mmジャックがあります。

底面にはストラップホールも。

懐かしのミニ端末と比較。画面がひときわ小さいです。

ホーム画面など

サイズが小さいだけで、中身はAndroidそのもの。Androidのバージョンは7.0です。

ベゼルレスの全画面ではありませんが、最近はやりの横長ディスプレイ(18:10)でシネスコサイズの動画も綺麗に観ることができます。解像度は432×240しかありませんが。

▲動画もちゃんと観れます

カメラ

Jelly Proのリアカメラは8MP。この手のデバイスのカメラはパンフォーカスなこともありますが、ちゃんとAF搭載です。

さすがに画質を期待するようなものではありませんが、メモ代わりには十分に使えそうなカメラです。

ベンチマーク

ベンチマーク結果は下記。Snapdragon 410のTONE m17、Snapdragon 430のZenFone 3 Laserの結果と並べてみました。

ソフトJelly ProTONE m17ZenFone 3 Laser
Quadrant14540945522292
AnTuTu235222760644101
GeekBenchシングル461495640
GeekBenchマルチ111313232047
3DMark9153294

Snapdragon 430と比べるとはっきりと劣りますが、意外と410となら肉薄した感じです。「思ったよりもよく動く」というのが正直な感想。

まとめ

もっと使えない、ネタ的な端末かと思っていたのですが、意外と使えそうで面白いです。流石にメイン端末として常用しようとは思いませんが、何かしら使い道を考えたくなる端末です。

スマートホームのリモコンとか、外出時の音楽プレーヤー代わりとか。そう考えるとiPod nano的なものも感じます。

▲ブログもしっかり読めます

back to top